« キャノン インクタンク BCI-7e 3色マルチパック  @Amazon | トップページ | iPhone5 3本指ダブルタップ 画面拡大せず!! »

アマチュア 無線局免許状更新

無線局免許状(JA****)の更新の時がきました。

資格である第二級 無線従事者(技士)の免許証は欠格事由が発生しない限り、永久に有効ですが、無線局を運用するための免許状の有効期間は5年間です。
以前は、紙で申請していましたが、最近は電子申請でもできる様になっており、大変便利になりました。
先日、総務省のホームページからユーザー登録をしましたので、IDやパスワードがもうすぐ郵送で送られてきます。そのIDやパスワードを使用して、パソコンからインターネットで更新申請をするようです。

更新には手数料1,950(電子申請の場合)が必要です。また、前ブログでも紹介しましたが、電波使用料として毎年500円総務省への納付が必用です。従って、アマチュア無線局を次回更新まで5年間維持しようとすると、固定費として1,950+500円×5=4,450円必要となります。今回は、更新しようと思いますが、次回5年後はどうするか迷うでしょう。

ローカル局相手のVHFUHF帯は昔はにぎやかで、大勢のアマチュア無線家が参加していましたが、現在は激減しているようです。
HF帯は全世界のアマチュア無線家を相手に出来ますので、環境はまだ良い思いますが、波長が長くなるのでアンテナも大きくなり設置の問題等で、共同住宅での運用は苦労します。
昔は、有線(固定電話)の通信手段しかありませんでしたので、無線での通信は魅力的でした。しかし、現在では、インターネットや携帯電話の普及により、色々な通信手段が誰でも簡単に利用できるようになりましたので、アマチュア無線家(ハム)の人口が減ったのでしょう。

私が、熱中していたころは一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)に入会し、交信証(QSLカード)の交換など行っていましたし、アマチュア無線の専門誌、CQ ham radio誌を購読していたものです。
以前は、家電量販店でも無線機コーナーがありましたが、現在では見なくなり、機器の購入も難しくなりました。見るだけでも楽しかったのですが、寂しくなりました。
この辺では、どこへ行けば無線機を見られるのか知りませんが、Amazonでは機器を販売していました。

災害時や船舶運航時や登山時などでは、遠方まで届くので便利なのですが、最近は衛星携帯電話の利用や携帯電話のエリア拡大などで、そのメリットも薄らいできているようです。
いずれにしても、私は昔の「King of hobby」と言われていた良き時代を忘れることが出来ず、今回はコールサイン「JA****」を更新しようと思います。Img_1992tr_2ブログランキングに参加しています。クリックしていただくと嬉しいです。

 

Masa の満足度:::★★★☆


by 家電製品総合アドバイザー・福祉住環境コーディネーター Masa  @広島県呉市

« キャノン インクタンク BCI-7e 3色マルチパック  @Amazon | トップページ | iPhone5 3本指ダブルタップ 画面拡大せず!! »

AV・情報家電」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553096/56062985

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア 無線局免許状更新:

« キャノン インクタンク BCI-7e 3色マルチパック  @Amazon | トップページ | iPhone5 3本指ダブルタップ 画面拡大せず!! »