« Photo/護衛艦 「いせ-182」 @呉港 | トップページ | iPhone5 ケース 注文 »

Photo/掃海艇 「さくしま-727」 @呉港

掃海艇 「さくしま-727」が停泊しています。向こう側に見える艦船は護衛艦 「いせ-182」です。Img_1755tr建造中のタンカーの向こう側にある基地に帰港しています。Img_1756tr<出典:ウィキペディア>
4次防衛力整備計画の中型掃海艇として整備が開始された。昭和51年度から建造が開始された本型は、航洋性を重視し、たかみ型より拡大されて、主に居住性が向上している。前型に引き続き木造船体であり主機台がケヤキの集成材を使用した以外はベイマツが主体となっている。これまでの海上自衛隊の掃海艇は舷外排気方式であったが、本型は艇体中央部に1本煙突を持つ。

自衛兼機雷処分用に、前甲板に20mm機関砲を装備している。初期型はエリコン20mm単装機関砲であったが、初期型以外はM61多銃身機関砲となっている。機雷処分具は前型で要求されていた自走式処分具(75式機雷処分具)が採用された。
設計上、昭和51年度からの17隻と本設計型と、昭和60年度からの4隻の改1型および昭和62年度の2隻の改2型となっている。
本設計型は、主発電機80kW3台、昭和53年度艇からはエリコン20mm単装機関砲から20mmM61多銃身機銃に変更され、昭和55年度艇からは推進器が固定ピッチ式から可変ピッチ式に変更、さらに昭和56年度艇からは日本鋼管と日立造船との間で艤装の統一化がなされた。
1型は、主発電機を160kW2台、掃海用発電機も従来型2基から新型1基に変更された。発電機の変更に合わせ掃海用具も85式磁気掃海具が採用された。
2型は、主発電機を200kW2台、船体は居住性向上のために3m延長されて基準排水量が50トン増加、居住区のベッドが2段式となる。これ以外に汚物処理装置も放流式に変更され、消火装置はハロゲン式となる。
1990年代半ばから掃海艇からの除籍が始まり、このうちの6隻がにいじま型掃海管制艇に転用されている。
なお、本型のうち、「ゆりしま、「ひこしま」、「あわしま」、「さくしま」の4隻は1991年にペルシャ湾へ派遣されている。
<出典:ウィキペディア>

by 家電製品総合アドバイザー・福祉住環境コーディネーター Masa  @広島県呉市
   ブログランキングに参加しています。クリックしていただくと嬉しいです(3個)。
    広島ブログ 

« Photo/護衛艦 「いせ-182」 @呉港 | トップページ | iPhone5 ケース 注文 »

Photo Gallery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553096/55671905

この記事へのトラックバック一覧です: Photo/掃海艇 「さくしま-727」 @呉港:

« Photo/護衛艦 「いせ-182」 @呉港 | トップページ | iPhone5 ケース 注文 »